映画レビュー「フォレスト・ガンプ/一期一会」主演:トム・ハンクス(1994年アメリカ映画)

広告

不朽の名作「フォレスト・ガンプ/一期一会」のレビュー。
 

概要

1994年アメリカ映画
主演:トム・ハンクス
監督:ロバート・ゼメキス

ストーリー

純真だがすこし頭の足りない少年フォレスト・ガンプは背骨の曲がりから装具を付け周囲から馬鹿にされる存在。
ある日親友のジェニーの言葉で走る能力が開花してやがて全米学生フットボール代表に選ばれたのを皮切りに人生がドラマチックに進んでいく。
唯々ジェニーと母の言葉を信じて生きるフォレスト・ガンプが関わる人々に様々な影響を与えていくことになる。

レビュー

言う間でもなく本作を知らない人は殆どいないのではないか?と言うくらいの大作だが、これほど評価が分かれた作品も珍しいと思う。
人に尋ねてもとても良かったと言う人、とんでもなく駄作だと評価する人両極端だと思う。
僕はこうしてレビューするくらいなのでもちろん大好きな作品で、年に数回は見返している。
 
この作品を非常に嫌う人の話を総合すると限りなく非現実的な設定であることだろうか。
つまり現実を考えてこんなこと起こらんやろう・・・と言う感覚に覆われるからだ。
そう言う現実的な視点で見るとこの作品は限りなく非現実的な夢物語であることは間違いないが、物語のテーマとして流れている「人生はチョコレートの箱の様。蓋を開けるまで何が入っているのか分からない」と言う言葉に尽きるのではないか、と思う。
 
フォレスト・ガンプは少し頭の足りない純真な青年として描かれる。
一般的な人から見ればマイノリティの部類だ。
周囲から当然バカにもされるし見下されるが、ずっと自分を信じ続けてくれる母と最愛の恋人(と思っている)ジェニーの言葉を信じて運命の流れに逆らわずに生きていく。
 
対してフォレストの周囲の人物は何かにこだわりを持ちそれにしがみ付くがゆえに人生に翻弄される。
しかしフォレストと関わることで自分を見つめなおし人生に光明を見出して行く。
 
この物語は一人の男の数奇な運命を荒唐無稽な演出でデフォルメすることで何かにこだわりや恐れをを持って物事にしがみつくのを手放せば、人生の楽しみや意味を見いだせると言うことを伝えたいのだと僕は感じている。
アメリカの映画だが仏教思想も入っているように感じるのだ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です