映画レビュー「エクソシスト」リンダ・ブレア(1973年アメリカ映画)ホラー作品の金字塔

広告

ホラー映画不朽の名作「エクソシスト」のレビュー。
 

概要

1973年アメリカ映画
主演:リンダ・ブレア、ジェイソン・ミラー、マックス・フォン・シドー
監督:ウィリアム・フリードキン

ストーリー

イラクで古代遺跡発掘に従事するメリン神父は出土物や自分を取り巻く状況からかつて死闘を繰り返してきた悪魔パズスとの決着が近いことを予感する。
アメリカの都市ジョージタウンで映画撮影で逗留している女優クリスは最近一人娘のリーガンの異変に気付き、病院での精密検査を経て悪魔付きではないか?と疑いそこに住むカラス神父に相談する。
当初懐疑的なカラス神父だが離れて暮らす母親のことをリーガンに指摘され教会本部に悪魔祓いの申請を行い、エクソシストとしてメリン神父が選ばれる。
こうしてリーガンに憑依したパズスの思惑通りキリスト教の本拠地であるジョージタウンで因縁のメリン神父との戦いの幕が静かに上がるのだ。

レビュー

余りにも有名なホラー映画の金字塔で悪魔に乗り移られた少女の首が180度クルッと後ろを向くシーンが余りにも印象的だが、僕はこの作品を観た時一体何を言いたいのかよく分からなかった。
すなわち、冒頭から30分程度延々とイラクで遺跡発掘に従事するメリン神父の様子が描かれる。そこで発掘作業員の少年が古代の貨幣をメリン神父に持ってくる様子、街中で神父を不審な目で見るイラク人達、夕暮れの郊外の遺跡2頭の犬が争う姿を眺めるメリン神父、そして見上げた先にそびえる気味の悪い古代神の像。
最終的になぜ少女がこの悪魔(パズス)に乗っ取られたのか?話の展開が唐突過ぎて理解できなかったのだ。
 
冒頭のシーンは神父が過去何度もこの悪魔と対峙しておりこの古代遺跡発掘のシーンと犬の決闘を眺める先の古代神像のシーンは近々訪れるパズスとメリンの戦いの暗示なのだ。
そして少女が住むジョージタウンはキリスト教に縁の深い都市で、そこに住む内面に闇を抱える少女を選ぶことで対決の絶好の舞台をパズスが用意したと言う訳だ。
 
映像には悪魔が乗り移る少女に恐ろしげな特殊メイクやポルターガイスト現象などの特殊効果は施されているが演出上必要最小限に抑えられている。
この作品の醍醐味はそんなおどろおどろしい見せ掛けで怖さを演出するようなケチな手法ではなく、まさに悪魔が人の心の弱さに付け入る様を見事に描き切っている点に尽きる。
 
留守がちで恋人がいる女優の母親を前に明るく振る舞いながら実は心に闇を抱える主人公の少女リーガンに最初は友達然としながら徐々に付け入り身体と精神を乗っ取る様子。
もう一人の主人公であるカラス神父の心の隙間に付け入る様子。悪魔祓いの最中に自分の不甲斐なさで母親を孤独死させたとの負い目を容赦なく突いて来る悪魔。
こうした人間の心理を見事に表現したところがこの作品最大の見どころだと思う。
 
この作品、初見だけでは何となく薄気味の悪い意味不明の印象としてでしか捉えられないのではないだろうか?
何度か触れると人物描写や悪魔も含めた心理戦のやり取り、冒頭からの舞台設定など非常によく練られた作品だと分かるはずだ。
このような作品は好き嫌いがあるだろうが、何度見ても発見のある傑作だと思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です