耐える時は耐える。最終的に結果を出せばそれで良いこと

広告

宣言するしないに関わらず何かを決めてやろうとすると、不思議なことに必ずそれが人の耳に入り噂の種になることが多い。

これはある意味仕方のないことだが、大方は批判的な意見が多いのではないだろうか。

言う人の大半は悪気はないのだ。親しければ相手のためを思ってのことだと思う。

 

しかしそんな場合当然のことながらむきになって反論してはいけない。

それは耐える時であって反論することが目的ではないことを念頭に入れなければならない。

目的は決めたことを達成することであって、要らぬことに神経を使わず目的達成に全力を尽くすべきである。

 

勝てば官軍、全ては変わるのである。

ただ結果が出ない内はじっと耐えてどうすれば目的を達成できるかを考え続けて地道に実行に徹するべきだと思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です