2016年スキー技術選参戦記2【窮地の章】

広告

すんません、リフト乗ってたらストック落としてしまいまして。ちょっと拾ってきて良いですか~?」

「あ~、インスペクションまだだから大丈夫ですよ」

間抜けなやり取りで僕の技選の最初の種目が始まった。

・前回はこちら↓↓↓↓↓

https://allseasonski.com/archives/284

 

総合滑降:ナチュラル斜面

一年前滑った事があるバーンだったので余裕をかましてインスペクション開始。
出だしからいきなりボコボコの斜面でビビる。雨はザザ降りで視界最悪。おまけに斜面には硫安巻いて固く締められている。
「これってナチュラルバーンじゃなく完全なコブ斜面やんかいさ!!」(心の声)
デラパージュしながら更に下におりるも荒れた斜面は変わらず。
若干斜度が緩くなってくるのがせめてもの救いか。
これはまずい!しかもほぼしょっぱなの出走順。あせる!

そして競技開始。一番目の選手いきなり急斜面抜けたところで大転倒。
選手一同シーンとなる・・・
順番待ちしてると若いK本くん(クラブの先輩)が「こわいっすね~」と言うので、「もうこうなったらハラくくるしかないやろ」と言うと、「根性座ってますね~」と言われた。しかし確実に細かく膝が震えていたのだ。見られたかしら??

順番が近づいて来る。みんな端からスタートしてコブを避けながら右ターンで回り込んで中斜面で勝負してるな。よし僕もそれで。普段強がりを言ってばかりだが、土壇場になると人間本性が現れるのは本当だ。基本先例に頼るビビりである。

そして僕の順番が回って来てスタート。おそるおそる斜面を滑り降りる。
ガタガタガタッ!!「やばい!コブに突き上げられる。こける!!舌噛む!!!よっしゃ急斜面抜けたここでちょっとギルランデ入れよ。ワッ!!まだ突き上げられるやんけ!?やばい、転ける~!!」

ゴーーール!!

「どや!?」

ジャッジA:72点

ジャッジB:73点

ジャッジC:73点

チーン。

オワタ・・・イキナリノピンチニ・・・

しかもこの後に滑ったK本くん素晴らしい滑りで高得点叩き出すし…あの弱音は一体なんだったのか?

若いって残酷だ

(つづく)

広告

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です