名水スポットの穴場。名水百選認定「安曇野わさび田湧水群公園」:2008年長野旅行

広告

夏に奥さんと長野に旅行すると必ず安曇野を訪問する。水と緑がきれいな場所だからだ。

そして今回紹介する「安曇野わさび田湧水群公園」は環境省認定の名水百選にも選ばれた1日70万Tもの湧水の源泉がある。

おまけにマイナーな場所なので殆ど誰も訪れない穴場だ。

早速紹介しよう。

2008_0815安曇野~志賀高原080051

万水川のほとりにひっそりと佇むわさび田湧水群公園。穂高岳からの地下水が湧き出て池を形成している。

2008_0815安曇野~志賀高原080053

岩魚も住めるほどの澄んだ水だ。

2008_0815安曇野~志賀高原080055

浮島もあり休憩する東屋もあるが大概修理中のことが多い。橋も壊れている場合が多いので渡らない方が無難だ。

2008_0815安曇野~志賀高原080060

遊水箇所。ここからこの池の水が湧き出ている。時々冷やされているスイカを目撃することもある。

2008_0815安曇野~志賀高原080056

だそうだ。美味しい水の基準をはるかにクリアしている。

2008_0815安曇野~志賀高原080059

近くに寄ってみた。勿論飲んでも美味しい。膝より少し上の水深なので浸かっても気持ち良いですね。

 

感想

今回(2016年夏)は行かなかったが毎年訪れる場所だ。

ここ安曇野にはこうした湧水群が至る所に存在するらしいが、街中に詳しくない僕ら旅行者が気軽に立ち寄れるところがここだと思う。

訪れる人も少なく、きっと地元の人にとっては生活の一部なので珍しくもなんともないのだろう。

しかし僕にとっては格好の癒しスポットだ。

道を挟んで万水川が並走しており、その流れは先にある大王わさび農園のグラスボートを浮かべるポイントまでつながっている。

ここでもカヌーを楽しんでいる人も多く見掛けるので、それらをのんびりと眺めるのもホッとするひとときだ。

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です