特撮映画レビュー「ガメラ2/レギオン襲来」水野美紀他:自衛隊とNTTが大活躍する怪獣映画

広告

 

概要

1996年大映・徳間書店製作
主演:水野美紀、藤谷文子、永島敏行 他
監督:金子修介(本編)、樋口真嗣(特撮)

 ストーリー

札幌郊外に落下した隕石から謎の宇宙生物の群れが札幌市内を占領し地下鉄網を利用して巨大宇宙植物「草体」を形成する。
それと同時に三陸沖に出現したガメラによって宇宙生物の群れ「ソルジャーレギオン」と草体は駆逐されるが、巨大宇宙生物「マザーレギオン」が出現する。
草体とレギオンは大爆発を起こしてレギオンの卵を擁した種子を他の惑星に射出する共生する間柄だったのだ。
種子を発射させようとするマザーレギオンとそれを阻止するガメラとの攻防は人類を巻き込んで仙台、最終決戦地の北関東に舞台を移して戦いが繰り広げられる。

レビュー

前年に公開された前作は当時ゴジラしかなかった怪獣映画の中で非常にエポックメイキングな作品だった。
一部マニアが待ち望んでいた作風で、それを受けてなのか翌年に公開されたのが本作だ。
 
前作以上にSF色が濃く、その影響からか1996年度の日本SF大賞を特撮映画として初めて受賞している。
ビジュアル的には特撮邦画作品では初めてCGを多用した作品だと思う。
 
またガメラと言うある意味ゴジラと双璧をなすキャラクターを上手く現代風にアレンジしつつも旧作での特徴、例えば子供の味方である部分などは上手く作品に溶け込ましている。
この第2作ではことさらその部分をクローズアップさせることはなかったが、最終的に地球の守護神としての役割であることがほのめかされる部分などだ。
またビジュアル面でも口から放射されるプラズマ火球や飛行形態で腕がウミガメの様に変形して飛行機の翼の様になるなど新たな機軸も盛り込まれる。
ラストの必殺技は必見の出来だ。
 
またストーリー面では自衛隊が大活躍し、現在公開されている「シン・ゴジラ」の先駆け的な作品ではないだろうか。
そう言えば庵野監督はガメラ製作のメイキング作品を監督していたこともあるので人知れずゴジラでもこの作品をリスペクトしたのではないだろうか。
それからNTTも自衛隊共々大活躍する。
 
特撮面ではCGと操演を上手く使い分け、ライティングは自然光を巧みに取り入れ巨大感を上手く演出したと思う。
新鋭樋口真嗣特撮監督の手腕が光ったと思う。
 
ストーリー・構成・ビジュアルなど後年の作品に間違いなく大きな影響を与えた作品に違いない。
 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です