ネットによる情報収集のしやすさ。良い時代になったものだ。

スマホ

広告

今年も来年1月後半に行われる大阪府スキー技術選手権のエントリーの案内がスキークラブの幹事の方から連絡を頂いた。
毎回準備有難うございます。
 
改めて思うのはインターネットの発達によって情報収集が格段にしやすくなったと言う恩恵だ。
かつて学生の頃には当然インターネットなど世の中に普及しているはずもなく、スキー技術選など一部の選ばれたスキーヤーにしかチャンスがないと思っていた。
ましてやスキークラブにも入っていない僕にとってはビデオでしか知ることのできない雲の上の大会だったのだ。
 
しかし今やネットで検索すれば技術選の参加要項などすぐに入手できる。
各都道府県連参加のスキークラブに所属して1級以上の資格を持っていれば望めば誰でも出れるのだ。
もっと参加のハードルが低い各スキー学校などが主催するプライベート大会ならこれもネットで探せばいくらでも出てくる。
良い時代になったものだ。
 
こんなことを書いているとかつてのスキー仲間と大会に出ようか?でもどこで探せば良いのかわからないしなぁ・・・と途方に暮れていたのを思い出す。
あの時分にこうした環境が整っていればまた違うスキーの楽しみ方もあったのではないか?とも思うがそれは言っても仕方のないことだろう。
 
参加者同士の意思の確認もメーリングリストやSNSなどで情報を共有、昔なら電話で伝言ゲームのように連絡網を使うしかなかっただろう。
このような有難い時代に幸運にも憧れの大会への出場が叶った。
出来れば力がピークの時にとか思わなくはないが、今持ってる力を最大限発揮できるように頑張りたい。
今年はストックもスマホも落としたりして集中力を削ぐような事態は避けたい。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です