自分では何だかなと思う投稿でも人に届くものがあるとわかったこと

広告

いつも書いた原稿は翌日以降に予約投稿しFacebookにリンクを貼るようにしているのだが、大概どんなことを書いたのか?リンクを貼るまで忘れており、いざ貼る時になって「エェ!こんなこと書いてたのか!?」とリンクを貼ることを躊躇することがある。

やたら大袈裟な内容、余りにショボい内容様々だがアップされた以上リンクは貼るようにしている。
ただそう言う時はコメントは「ブログ更新しました。」としか書いていなかったりするのでそう言う時は僕にとっては不満な内容となっている。

しかし自分にとっての不満と人に響くことは必ずしも一致はしないものだ。
そうした投稿にも律儀にシェアしてくださる方がいる。
1度だけじゃないのでたまたまでもないのだろう。

人の感じ方や物の見方は千差万別だ。
自分にとっての取るに足らないものや不出来なものはもしかしたら他人には有益なものが含まれているのかも知れない。
普段こんなことをよく言ってるくせに言ってる本人が1番それを分かっていなかったりする。

よくフタを開けるまで物事は諦めるなと言うけれど正にそんな感じだろうか。
と言うことを念頭に置いてこれからは諦めずにリンクを貼ったコメントもしっかりと手抜きせず書いていきたいと思う。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です