次のステージやステップに移る時は慎重に。今までの努力が無に帰する場合もあるので。    

広告

ある目的を持ってそれを達成するための施策を実行しているとしよう。
それがある程度の成果が表れるようになり次の手を打つ段取りをしなければならない時は次に何をするのか?いつから始めるのか?どのくらいの分量を行うのか?をよくよく慎重にならねばならない。
 
目的は同じであれ慣れ親しんだことからまた違うことを行うのだから馴染むまである程度の時間がかかる。
初動の混乱は仕方ないにせよ、出来るだけスムーズにルーティンに乗せたいものだ。
 
新しいことを行う時は心理的な抵抗が生じる。
例えそれが自分で決定したことであってもだ。
そんな場合はそれをする目的を今一度しっかりと認識してひたすら馴染むまで目的を思い返しながら実行したい。
 
ある程度物事を続けて行くと必ず修正点や改良点と言うものが発生する。
しかしこのようにすれば良いのにと言うものは得てして他人の視点から発生するので、更にそれは自分に馴染みがないものなので受け入れて消化するまでに時間や抵抗が生じる。
しかしそれをしないことには良くても現状維持、最悪は下降線をたどることになるだろう。
そうならないために改良点を取り入れていかねばならないのだが、如何に早く自分の中でそれらを消化し、軌道に乗せることが新たなステップやステージに移行する成否だと思う。
 
今までは順調に進んでいても次の段階に移行する時は必ずやって来る。
その時は上に書いたように如何にスムーズに次の一手を打つことが出来るか?
これに掛かっていると思うので、もしそんな状況に差し掛かっていると思う場合は慎重に事を運ばれるのが良いだろう。
行け行けの時から環境の変化に上手く対応できなかった僕の苦い経験からのアドバイス。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です