大阪王将 高石店~王将にはなぁ 餃子の王将そして大阪王将があるんや!知っとるけ?【お店紹介】

広告

愛車をディーラーに持ち込んだら修理が長引いてお腹が減った。

お腹のひもじさとは逆にフトコロが少々暖かかったのでディーラーの横にある大阪王将に行ってみた。

ご存じ中華料理チェーン店の「王将」には「餃子の王将」と「大阪王将」がある。

餃子の王将の方がメジャーな感じがして僕も行くなら餃子の王将の方で大阪王将は余り行かないのだが今回は試しに行ってみることにした。

早速紹介しよう。

 

 

▲ちょうど開店の11時に入店。いいタイミングだ。

▲大阪王将、果たしてお味はどうなんだろう?期待が高まる。

▲道を挟んで向かいにはライバル店が(笑)。こちらの方が普段はよく行くんですけどね。駐車場も広いし。

▲店内はなかなか綺麗です。どちらかと言えばお向かいさんよりも綺麗かな(決して向かいの店が汚いと言う訳ではなく、開業がこちらよりも古いからです)。

▲定食・セットメニュー。バラエティに富んでいる感じだ。

▲餃子のバリエーションが餃子の王将よりも多いように感じる。

▲全国餃子ぶらり旅と称してこんな企画もある。餃子の王将よりも餃子に力を入れているように思えた。

▲しばし迷った末、11番 鶏の唐揚げ定食にする。調子に乗って勧められるままにごはん大盛(無料)をオーダー。

▲定期的にこんなイベントも。次回も来ようかなと言う気持ちになる。

▲大阪王将の餃子に対する情熱やこだわりがメニューの裏側に盛大にうんちくを垂れている。

▲食べ方にもこだわりが(笑)。蕎麦みたいなこと言ってます。餃子愛が深いね~。

▲食べ方にも書いてあった味噌だれ。今回は使わなかったが神戸市内の中華街では結構ポピュラーだった記憶がある。

▲最近は割りばしではなく、エコを考えてこういったプラスチックのお箸が主流。こちらもその流れだ。

▲ジャジャーン!来ました鶏の唐揚げ定食(1,080円)。ごはん大盛を少し後悔するすごいボリュームです。

▲焼きたての餃子。

▲そして揚げたての鶏の唐揚げ。

▲餃子はライバル店に比べてどうだ!?

・・・

 

正直よく分かりませんでした(笑)

お味はもちろん。

▲うんメェ~。

▲後悔しながらも完食。

 

 

感想

大阪王将は餃子の王将との暖簾分けで出来たお店だと聞く。

過去には暖簾を巡って抗争もあったらしいが、庶民の味方として両方とも発展して欲しい。

こちらのお店(高石店)初めて訪れた。いつもは向かいの餃子の王将にはよく行く。

残念なことに駐車場が狭いのだ。このお店はそれがネック(ローカルネタで申し訳ないが)。

お味は比較してどちらの方が上かは分からなかったが、ネームバリューの高さでは餃子の王将、それを追いかけるために商品の差別化を積極的に展開しているのはこちら大阪王将のような気がした。

調べると大阪と銘打ちながら東京を中心に関東方面も広く手を広げているみたいだ。

メジャーなのは餃子の王将だろうが大阪王将も美味いのでお勧めしておく。

 

大阪王将の情報はこちら

osaka-ohsho.com/

 

 

 

広告

2 件のコメント

  • 「大阪王将」と「京都王将」の餃子の場合、個人的には微妙に「大阪王将」の方が好きです。「京都王将」は油がイマイチと思うことが多いな。生餃子を買って、家でオリーブオイルで焼くと良し。「大阪王将」も「京都王将」も皮に特徴があるのか、なぜか鍋に焦げ付かないんです。「大阪王将」と「京都王将」の餃子は簡単に味の見分けがつきますが、両方の生餃子を買って、同時に焼くと、各1個目までは味の見分けがつきますが、その後はわからなくなります。味覚って不思議です。お試しあれ~~!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です