2016-17ニューモデル試乗インプレッション OGASAKA TRIUN GS-M

広告

2016年3月27日に開田高原マイアスキー場で開催されたニューモデルスキー試乗会のシリーズレポートです。

今回はこれ。

OGASAKA  TRIUN  GS-M

オガサカスキーのアルペン競技トライアンシリーズの大回転モデル。そしてマスターズ競技参加者を想定したシニアモデルです。

OGASAKA TRIUN-GS

概要

長さ:185cm(R=22.7m)

幅:112㎜:70㎜:95㎜(トップ:センター:テール)

形状:フロント・フロート・システム(F.F.S)、フロント・リード・ファンクション(F.L.F)

感想

カービングスキーが普及して今更ながらのロングターン専用スキー試乗がこのオガサカ トライアンGS-Mとなった。

Mと銘打たれてるのはマスターズ競技用とのことで、高年齢の競技者が扱いやすいように本来のレギュレーションモデルよりもトップ・テール幅を広くすることで回転半径を小さくし、取り回ししやすく仕上げている。

事実初めてロングターン専用スキーを履いたが、何ら違和感なく非常に気持ちよくターンを切ることができた。自分にはこの後試した基礎スキー専用のTC-LHよりもこちらの方が操作感が良いと感じた。

TC-LHはこちら↓↓↓↓

https://allseasonski.com/archives/291

試しにショートターンを行ってみるとロングターン専用でありながら何ら違和感なく操作できることには驚いた。非常に操作性の良いスキーだと感じた。

僕はアルペンレースには出ない基礎スキーヤーだが、技術選やプライズテスト用のロングターン専用スキーとしてはこのチョイスも有りだと思わせる1本だ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です