松葉の湯~【野沢温泉スキー場外湯巡り】村内13箇所存在する無料の外湯のひとつ

広告

かつてのホームゲレンデだった野沢温泉スキー場。

最近はホームを変えたがそれでも年に何度かはこのスキー場を訪れる。

魅力は急峻で狭く長いコースだ。ここで滑れるようになると他のスキー場は簡単に思えてしまう。

 

野沢温泉スキー場の投稿はこちら

https://allseasonski.com/archives/4802

そしてもう一つの魅力が麓に広がる温泉街だ。

野沢温泉と言うだけあって麓には温泉が湧いている。

そしてこちらの名所である外湯が村内に13箇所点在している。

今回はその内のひとつ、定宿の近所にある「松葉の湯」を紹介したい。

 

 

▲大湯通りから長坂ゲレンデ方面の坂道を登ること5分、松葉の湯は存在する。2階が浴場で1階は共同の洗濯場だ。

▲外湯はそれぞれ温泉の神様が祭られているので入湯にはいくばくかお賽銭を入れることが望ましい。維持費にもなっているのでね。もちろん無料でも入れますけど。

▲約3畳の狭い脱衣所。履物もこの中で収納する。ロッカーも完備されているけど余り使わないな。

▲硫黄臭が香しい温泉の湯船。日によって違うが大体熱め。例えるなら熱っついコーラに浸かるような感じか。

湯船は大体どこもこんな感じ。

▲野沢温泉外湯のシンボル的存在の大湯。名前こそ大湯だけど広さはどこもそんなに変わらない。

▲村の中心部に存在する源泉の麻釜(おがま)。各外湯はこれを源泉とするのか?と思いきやどうやらそうでもないらしい。

 

感想

アフタースキーに温泉巡りが出来るのがここ野沢温泉スキー場の魅力だ。

基本無料のこうした外湯は洗髪など身体を洗うことは出来ないが、スキーで疲れた身体を癒してくれることは間違いない。

情緒も豊かなので野沢温泉スキー場を訪れた際は是非近所の外湯に訪れることをお勧めする。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です