こんな事は書かない方が良いのではないか?と変に遠慮しないようにすること

広告

ブログの話題を探して思いを巡らせている時、しばしばこんな事を書いたらカッコ悪いなとか思う時がある。

往々にして書くことによって自分の知識不足や見当違いが露呈して恥をかくのではないか?と言う人目を気にする気持ちから来るのだと思う。

 そう思う反面、構わないではないかとも思う。

書いて発表してみないと分からないからだ。

一例が以前書いた「独りで過ごすように心掛けることは果たしておかしいか?」と言う投稿

独りで過ごすように心掛けることは果たしておかしいか?

 これは書き出して投稿するのに何度も逡巡した内容だ。そして投稿する前に何度も書き直した。

ある意味自分の暗部をさらけ出すのでどんな反応が返って来るのか不安だったからだ。

もしくはバカにされて何も返ってこないか。

何度か思いを巡らせたが思い切って投稿した。

 すると自分の予想に反してfacebookには多くのコメントが付いた。

多くは共感して頂けるような内容で自分でも驚いた印象がある。

 だから自分であれこれ悩まず、思い切って世に出して読む人の感性にお任せするという思い切りは必要だと思う。

まずいかな?と思っても敢えて出してみる。

答えは自然とわかるのだろう。

たとえそれが自分の本位でない反応だとしてもそれは仕方のないことだ。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です