継続していたら好不調の波は訪れる。それをどう標準化して途切れることなく継続していくか

広告

何でも続けていれば好不調の波が訪れる。

例えばこのブログでもそうだ。すんなり書きたい事が浮かんでいくつも原稿を書ける時と、筆(文字入力)が重い時、それより何を書こうか?全く浮かばない時もある。

あー、今日こそ書けないかなと思うこともしばしばある。

これはどのレベルに行っても付きまとう課題ではないか。

 

こんな時はどうするか。

僕が思うのはそれでもやっぱり続けることだと思う。

無理矢理にでも決めた本数を書く。

出来不出来は問わない、取敢えず書く。

 

とにかく頭に思い浮かんだことを形にしてみる。

上手く形にできなければ壊してまた書く。

 

結局沈んだものは上がって来るのを待つしかなく、特効薬的な方法と言うのはないのではないかと思う。

まぁ、ブログに関してだが日々頭を悩ませつつ途切れることなく決めた本数は更新していきたい。

そこから見えてくるものがあると信じて。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です