泉大津・ラーメン虎と龍 たっちゃん ガレージに擬態した一風変わったお店だが本格的豚骨ラーメンと実は炒飯がとても美味い

広告

街を見渡すとラーメン店は数多く存在すれど、その中で美味いラーメンを出すお店となると少数だ。

尚且つ炒飯を出す、となると更に選択肢は狭まると思います。

最近は炒飯を出さないラーメン屋さんも多く(多分調理に手間が掛かり何とか丼を出す方が手軽なのでしょう)、たまに注文してもあくまでラーメンの脇役に甘んじているものが大半なような気がします。

美味い炒飯を食べたい!そんなお店はないか?と探していたらありましたので行ってきました。

それも僕が住む大阪南部の泉大津市にです・・・

 

 

何と街中どこにでもあるシャッター式ガレージがお店となっています。
こりゃ開店するまで分からんわ(笑)

何だか手作り感満載なお店ですね。

店内の様子。

雰囲気満載のマスターなので、怖くて写真に入ってくれとはお願い出来ません(笑)

セットの炒飯。

パラっとよく炒められて美味いです。こう言うのを待ち望んでいた!

豚骨ラーメンはあっさりした「博多の虎」と若干コクがある「久留米の龍」のふたつから選べます。

僕はコクのある久留米の龍が好みですが、どちらも化学調味料臭さを感じない丁寧なスープだと思います。

九州ラーメンっぽくないモッチリとした食感の細麺が嬉しいです。

感想

最初このお店を訪れようとクルマで周囲を探したのですが、地図で場所を確認していたにも関わらずどうしても見つける事が出来ませんでした。

オープンしていなければ街中どこにでもあるガレージなので仕方ないですね(笑)

無骨なお店にこれまた無骨な店主なので最初は怖い印象でしたが愛想はないものの悪い感じの人柄ではありません。出されるラーメンも丁寧な仕上げなので実直な人物なのだと思います。

炒飯は強い火力で炒められたご飯がパラッと仕上がっており、特に奇をてらったものでなく、昔街中によく存在していた中華料理屋の炒飯を再現したような感じで大変美味しいと思います。

元々炒飯を目的として訪れたのですが、ラーメン屋さんなのでラーメンは元々美味く、こうした豚骨ラーメンにありがちな粉っぽく硬いだけの麺ではなく、硬めながら弾力があり喉ごしが滑らかなのも魅力でしょうか。

僕の場合、炒飯をメインにそれらを啜りたくてダイエットの合間を縫って今日も無愛想なマスターに注文するのです。

お店の詳細はこちら

https://tabelog.com/osaka/A2705/A270502/27100545/

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です