長野県・開田高原マイアスキー場 御嶽山中腹に広がる雪質抜群のスキー場

広告

2019シーズンも終盤となってきた4月上旬、所属するスキークラブのメンバーと日帰りでどこかに滑りに行こうか、との話となりました。

この時期大阪から日帰りで往復できるスキー場は限られています。

兵庫県は雪が無くなって強制的に営業終了だし、長野県内のスキー場でも3月いっぱいで営業を終了したところが大半です。

岐阜県の某スキー場も検討しましたが非常に混む事が予想されます。

そこで思いついたのがこちら御嶽山の中腹に位置するスキー場「開田高原マイアスキー場」でした。

数年前にハイシーズンの1~2月に訪問した事があり、とても雪質が良かった印象があります。

事前に確認したところ積雪量は140㎝と十分でしたので久々にこちらを滑る事にしました。

シーズン終了間際のマイアを滑るのは初めてでしたが雪質などはどうなのか?紹介したいと思います。

 

センターハウス前に広がる下部ゲレンデからは雄大な御嶽山がそびえるのが見えます。

こちらの大きな特徴は特に景色が良いと言う事でしょうか。

残念ながら撮影した時は雲に隠れてしまっていますが・・・

麓から出ている4人乗り高速リフトで中腹を目指します。

この日も風が強く、ハイシーズンであれば身体の芯が冷えてしまった思い出が蘇りました。

ま、そのかわり雪質も良い訳です。

リフトを降りると目の前に「乗鞍岳」が飛び込んできます。

先ずは初中級コース「フォクシー(斜度7-13度)」を滑って足慣らしをしました。

下部の初心者用のゲレンデには誰でも滑れるレース用の旗門が設置されていました。

無料でポールを滑れる配慮が嬉しいですね。

下部コースで足慣らしもそこそこに急斜面が設定されている上部の向かいます。

登る毎に大きくなる御嶽山が見事ですね。

こちらのメインコースとなる「スカイハイ(斜度13-32度)」

出だしの32度のバーンは整地されているので整地急斜面の練習にはもってこいです。

但し人が多いので気を付けましょう。

お昼から午後に向けて柔らかいバーンが荒れそうだったので早い目に整地小回りを練習する僕。

スカイハイのリフト脇です。

案の定午後から荒れました。リフト脇に良いコブが出来たのでコブ練を繰り返しました。

こちらでは春にしか出来ない事です。

スカイハイ中腹から併走する「ブルーダイヤモンド(斜度13-32度)」に移動しました。

こちらは中斜面中心なのでスピードに乗って滑れると思います(但し中間部分が狭くなっているのでコントロールは十分に!)。

少し片斜面ですがフラットな良い感じの中斜面ですね。

カービング小回りの練習に打ってつけでした。

そこそこ滑ってお腹が減ったので最下部に戻って昼食にしました。

こちらは食堂が2軒あると言う至れり尽くせりの施設です(但し僕らが行った時は一軒は営業終了でしたが)。

シーズン終了間際だからでしょうか、チョイスできるメニューが少なかったのが残念でした。

でもこちらはゲレ食バトルで全国のスキー場の中で優勝した事もあるハイクオリティなフードが自慢なのです。

メニュー豊富な時に一度試してみられる事をお勧めします。

お昼からはスカイハイコースの下部を中心に滑りました。

同じ上級者コースのブルーダイヤモンドよりもこちらの方が急斜面でテクニカルですね。

コースサイドにはこんなに大きなコブもできていました。

硬くて難しかったです、こういうコースを滑れて一人前ですね。

それとこうした急斜面がもう少し距離があればなぁと言うのがこちらに対して惜しいと思う点ではあります。

 

感想

御嶽山中腹に位置するマイアは積雪量が豊富で雪質も標高が高い事(最低部1,557m、最高部2,120m)もあり、非常に良いです。

斜度も緩・中斜面が中心でビギナーやエンジョイ派のスキーヤーやボーダーには打ってつけのスキー場だと言えるでしょう。

しかしハイシーズンのマイアは気温の低さと人工降雪機による造雪によって斜面が固いので、斜度以上の難しさも同時に備えています。

そういう 意味ではエキスパートクラスが多いのも頷けます。

そんな状況なので惜しいのはハイシーズンではコブ斜面が出来ない事です(あっても潰すらしい)。

ハイシーズンのマイアはフラットなバーンのみとなりますので、コブを滑走したり練習したい人には向かないかも知れません。

ま、出来てもカチカチのハードコブなので滑るのを躊躇するのは間違いありませんが・・・

コブを楽しむなら今回レポートしたような春先が良いと思います。朝は整地でも午後になると立派なコブが出来上がっていますのでコブ好きも堪能できるでしょう。

但し緩んでもマイア、基本硬めである事は覚悟しておいた方が良いでしょう。特に日が陰ってくる午後遅くになるにつれて掘れたバーンが容赦なくチャレンジする者の足腰を痛めつけると思います。

他にはやはり急斜面が少ない(短い)と言う部分が不満を覚える部分でした。

こればっかりは自然の地形相手ですので何とも言えませんが、基本2本の林間コースでの構成となっておりますので単調なレイアウトは如何ともし難いと思います。

余談ですが、シーズン終了間際に訪れたので訪れた人全員に来シーズンの一日リフト券の引換券をプレゼントしていました。

こうした営業努力がマイアに魅了されるスキーヤーが多い理由なのかも知れませんね。

地味ながらエンジョイ派にもエキスパートにも人気が高いスキー場だと思います。

但しハイシーズンのアクセスには路面凍結は必至ですの4WDが望ましいと思います。

ゲレ食バトルで優勝したゲレ食も魅力です、週末であってもそんなに混雑するゲレンデではないと思いますので興味があれば一度滑ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

スキー場の詳細はこちら

http://www.mia-ski.com/

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です